銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

梅雨入りしてませんが・・・ 日曜日だけ雨ってのが2週つづいてしまい 
6月16日(日)やっと走ってきました。
ほんと あまりに 間が空くと 身体が鈍ってしまいます。
贅肉ついて 筋肉がおちて 最悪の状態です!

朝から 暑いですが・・・ お天気は曇りです
山のほうは 山頂あたりに 雲が垂れ込めています。
天気予報では 次第に晴れてくる というのですけれど・・・
DSCF6151-resize
まだ 田植えしていないところがありました

湿度が高い! 
止まると 汗がダーと出て 気持ち悪いです。
目に汗が沁みるので 手ぬぐいで 鉢巻をして その上にヘルメットをかぶります。

ただ 意外と 気温が上がらず 道路の温度計は 25度前後です。
風もあるので まだ 走りやすい。
曇天こそが 夏のツーリング日和 なのかもしれません。


いつもの 茨木北部の里山に来ています。
前日夜から 朝方まで 雨が降っていたので 川の水量が多いようです。
せせらぎの音が にぎやかです。 
川沿いの道を登っていきます。
音だけですが なんとなく 涼しく感じる (ほんのちょっとね)
DSCF6158-resize
最近 あちこちに カフェ ができています
DSCF6164-resize
DSCF6165-resize
DSCF6168-resize
里山テラスも まだ濡れてます

DSCF6181-resize

梅雨時は いつも 見山の郷 から少しのところにある アジサイロード にアジサイを見にでかけるのですが、近年 手入れが悪いのか アジサイの株が歯抜け状態です。
以前は びっしりと 植わっていたのに いまは 見るも無残
しかも歯抜けの地面には アジサイの代わりに 桜の苗木が植えられています。
「違う!」それは・・・ なんでも かんでも 桜を植えればいいってもんじゃないのに!
ここは びっしりと アジサイ 植えて欲しいところなのに!
DSCF6182-resize
DSCF6184-resize
DSCF6185-resize

なんか 残念な物を見た気分で 見山の郷に
車が駐車場に入りきれなくて 何台も続いています。 
繁盛していてるようです。 トイレ休憩して こんどは 清坂峠へ
正午です 空は どんどん 晴れ間がでてきて 焼けるような日差しが出てきました。
DSCF6216-resize

山間部は ツバメが飛び交い まだ あっちでは ウグイスが鳴いて、こっちでは ホトトギスが 鳴いています。 
山の緑は かなり深くなりました。 
DSCF6194-resize
DSCF6197-resize
清坂集落 見事な まき置き場

DSCF6199-resize


DSCF6206-resize
定点撮影地 奥の田んぼは 何も植わっていません
清坂峠を越えて 定点撮影地 へ
何も生えていない休耕田をみると わびしさを感じます。 下からは見えないけれど 棚田の上のほうにも 休耕田が増えているのではないかと思われます。
小さな集落ですから 維持も大変なんでしょうね。
お昼の おにぎりを一つ 風景を眺めながら食べました。
DSCF6210-resize

DSCF6215-resize
折り返して清坂に戻ってきました

このまま 亀岡側に降りようかと おもったのですが、なんだか お天気が良くなってきたので 引き返して 新名神高速の見える 竜王山の中腹の公園で ラーメンタイムにしようと・・・
 
DSCF6221-resize

しかし なんか 腹があまり減っていないのです。(おにぎり食ったところだし)
たいして走っていないしな~ 
折角来たので しかたない 
行動食にしてるパンの残りを頬張って しばし休憩 
すっかり 空は晴れ渡っています。

帰りは ラルプデュエズ によって 安威川ダム経由で帰りました(最近はまってます)
いま安威川ダムの ダム湖の上に 日本一長い 人専用の吊り橋を作っているのですが、展望台からも
橋脚の一部ができあがってきてるのが 見えます。
DSCF6226-resize
DSCF6230-resize

今年中にできてしまうそうです。 車や列車が通らないから 耐過重は 知れているのでしょう。
両岸に 橋脚が建ったら その間にワイヤーを通していくのでしょう。
工作物としては 簡単な作りと言えそうです。
バンジージャンプができるような 施設になるそうなのです。
次女が「出来たら 絶対 バンジー したい!」って 言っています。(母親は やめて~~って 悲鳴あげてますけれど)「パパも 一緒に 飛ぼお~や」って 誘われていますが 絶対に嫌です!
DSCF6240-resize

帰る段になって なんか 腹が減ってきました。
え~ どうしよう! 
茨木の商店街で うどんでも 食って帰るか? って たつみやに行きましたが 自転車を置くところがなくて やめました。家に帰ったら 嫁さんが「たこ焼き 買ってきた」とかで 冷たいノンアルと一緒に おこぼれを頂きました。 
小腹がすいたのは これで なんとか おさまりました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

いま 家の建具 内装ドア を作っています。

できるだけ 金も手間もかけずに そこそこの見た目 機能を! 
(そんなに 上手くいくのか 心配)
売り物じゃないので 良い材料はつかいません。
そこらで売っている 2x4材
できるだけ 削らないで 売っているそのままの状態の木を使います。
普通は 平面を出したり 直角(矩:カネ)を出してから 厚みをそろえるために 自動カンナをかけます。 一応 2x4材は 寸法が一定で 反っていない材を選べば そのまま使える(はず)です。
材料選びが 一番大事なところで 節や反り ヤニがでていたり 割れが無いかをチェック します。

ホームセンターから 持って帰るのですが 軽自動車にしてからは ほんと 材料がまともに積めません。 今回は なんとか8ftの長尺材がかろうじて載りました。
3M材は 切りました。 
3x6尺の ポリカーボネート板は 曲がったので なんとか載りました。


1日目
材料カット まずは 大まかに切って 同寸法の材を まとめて切り出しします。

鏡板を作る
1x4材で 鏡板を作ります。
切った材を並べ 幅広の板を作ります。
さすがに 買ってきたままでは 材料同士隙間だらけなので 小端を削って真っ平にします。
あとは 並べて 接着 矧ぎ(ハギ)といいます。
溝加工
鏡板が入る溝を 材料に掘っていきます。
溝幅に合うように 丸のこセット(左右の丸のこの間に 隙間調整用の溝切カッターを仕込む)
幅を10mmにセットして 
難しいのは 材料の途中だけに 溝を掘ること。 通してしまうと ビスケットが打てなくなります。
※ビスケット ジョイナー っていう 工具で 材料を止めていきます 実(さね)がビスケットに似ている
組んでからだと大変なので、ローラーが入る溝を開けておきます。 これは ホゾ取り用の角ノミ盤 を使います。  

2日目
矧いだ 板を加工していきます。
寸法通りに 切って 4面とも 片側を斜めにカットしていきます。(通称 スパニッシュカット)
板の周囲が斜めになります。 
板厚が 均一でないので 角がみだれてしまいました。 板厚そろえていないので 仕方ないです。
材料がそろったので
ビスケットジョイナーで 溝を開けていきます。
IMG_1337[1]-resize

IMG_1346[1]-resize
ホームセンターで見つけた 2x4用の定規 便利!

IMG_1349[1]-resize
試しにはめてみる・・・動かん!!
IMG_1353[1]-resize
塗装後
IMG_1356[1]-resize
IMG_1355[1]-resize
下部に 無双窓 換気用 網戸付きをつけた 

こんなもので 接合できるのかと 使う前にはおもっていたのですが(かれこれ30年前)
ところがどっこい ほぞ加工より 丈夫で簡単  家具程度のおおきさなら 十分な強度がでます。
ほぞは 何十年かすると 乾燥収縮していくので ゴソゴソになりやすいのです。
ビスケットは 乾燥圧縮した合板が使われているので、 木工用接着剤の水分を吸って 膨張し固着するため、 めったなことでは抜けなくなります。
※ビスケットジョイナーの 発展形で ドミノ というのもあります。

框を組んでいきます
鏡板をいれるのを 忘れないように・・・

換気用の 無双窓 と 明り取りの窓の枠を作ります
明り取り窓は 4mmの 中空ポリカーボネート板 を使います。 
パット見 昭和の 型ガラスっぽい感じ。 

3日目 塗装
下塗り ステインを塗る 
オスモ・カラー を塗る。
とりあえず 1回塗りました
暖かいので 乾きが早い 助かります!

無双窓に 網戸を取り付ける
透明ポリカーボネート板 取付  
やっと それらしい 姿になりました。

取付てみると なんか 動きが固いです。
地盤沈下しているので あちこち 曲がっています。
柱も まがっているので 鉋で削りました。
小さな家ですが 総ヒノキ造り。 メインの構造材は ヒノキです。
60年経っていますが 削ったら ヒノキの いい香りがしました。 
※ 最終調整で 指1本でも スルスルと動くようになりました! 軽すぎて怖いです

2つ目の扉
今度は フラッシュの扉
表面に 薄い板(2mmのシナ合板)を貼って ごまかします!? 
一応 框組の恰好だけしています。(石灰ワックスを塗りこんでから 磨いてあります)
裏は ペンキ塗って 終わり 
IMG_1360[1]-resize


そして 3つ目の扉
こんどは いまある扉より 背の高いものにするので 壁を一部切り取りします。
大事になりそうです。
暑くて 材料取の作業ができていません。 
来週 気温が低い日がなんにちかあるようなので なんとか その間に制作してしまいたい。


やっと 16日 走れました! 

※ 工作が面白すぎて ブログさぼってしまいました 
  ちゃんと 生きてますよ!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

5月1日(土)
地元ボランティアで 小学校創立150周年のイベントに 参加してきました。
急な呼び出し
前日に メールで 「急遽 手伝って」と メールが来ました。 
しかし ほんと 前日ですよ! (ひと月まえに イベントがあるのは 知らされていたけど)
(「連絡もないし」天気よければ 走りに行こうかと・・・思っていたのに)

まぁ 150周年と 特別な行事ということで参加決定 12:00~17:00まで 

1時間ほど 雑用 物運びしてから、 缶バッジ作りのコーナーで 呼び込みをしました。
そして・・・
くるわ くるわ! 
とにかく さばききれないほど 子供が来ます。
中も外も てんやわんやです

自転車友達の 近所の者さん もボランティア参加で ご一緒させていただきました。
缶バッジチーム 後期高齢者の方もいて そのくせ 立ちっぱなしの仕事で 皆ふらふらになっていました。 ちょっと 殺生やで~ (私が一番の若手って そりゃないで~~)

17時すぎにやっと 終わって 帰宅。
いっぱい 呼び込みで 声を出して・・・喉は イガイガのガラガラ。 

とりあえず 夕飯の準備  みそ汁と サラダ だけ作って メインは 嫁さんに「仕事かえりにケンタッキー 買ってきてくれ!」と おねがいしてあります。
しかし 残業があったらしく 帰宅は20時ちょっと前 
わたしは ビール飲みながら 待ちくたびれて ちょっと飲みすぎてしまいました・・・言い訳


6月2日(日)
ツーリング予定にしていましたが 雲行が怪しい。
 
様子見してましたが ゲリラ豪雨があるかもということで 断念してしまいました。
(昼過ぎに ゲリラ豪雨の注意報がはいります で 今 雷を伴った雨が 結構降っています)

で!
昼飯は 今 はまっている ヒガシマルの うどんスープを使って てんぷらうどん 作ります。
ヒガシマルのうどんスープ 子供の頃からありました。 
うどんを茹でるだけ! 子供でも簡単に作れて さらに 美味しい! 
土曜日は 午前中授業で、 昼飯は ラーメン とか うどん とか 近所のお好み焼き屋 ってことが多かったのです。 

なぜか 大人になってからは ヒガシマルのうどんスープの素 全然使ったことが無かったのですが、
テレビのCMみて 懐かしくなり・・・近所のスーパーで 購入。

ここ 何十年
うどんに限らず そうめんや蕎麦 液体の麺つゆをつかって食べるのが 当たり前になっていました。
冷たい麺の つけ汁には 良いのですが、暖かい 汁うどんだと なんか 美味しくならないのが 不満でした。
IMG_1331[1]

ヒガシマルのうどんスープの素は 分封された 粉状のものです。
うどん鉢に 先に粉をいれておいて 
お湯たっぷりで 冷凍のうどんを 茹で、 柔らかくなったら
鍋から お湯だけ 少しいれて スープを溶いて、
次にうどんを ざるでお湯を切ることもなく入れていきます。 
最後に だし汁の量を調整。
上に かき揚げ 刻みネギ とろろ昆布と おぼろ昆布! 
七味たっぷりいれて いただきます!
IMG_1332[1]
IMG_1333[1]

「うま~~」 そこらの うどん屋顔負けに美味い! 
お手軽なのに なんて いい出汁なんじゃ~
とろろ昆布と おぼろ昆布 ダブル使用で 出汁がさらに旨くなっているのも 秘訣!
マルちゃんの かき揚げ が無いときは 天かす をいれてます。

※ とろろ昆布は 繊維に直角に小口削りしたもの  おぼろ昆布は 繊維方向に削ったもの 
大阪の うどん屋では おぼろ昆布が入っている 見た目食感がちょっと高級!
ラーメンやうどんのスープ 飲んだらあかんと 医者に言われているけれど・・・飲んじゃうのでした
背徳の味 なのかも・・・


うどんに はまって 週に3日くらい 昼飯に作って食べています。
一時は カレーうどんにはまっていたのですが・・・ とにかく 一度はまると 抜け出せなくなる性格なようで・・・ しばらくは うどん三昧がつづきそう


※ 雷雨がやんだら 急に晴れてきました・・・ 
※ 雨雲レーダーを見ると 次から次へと 積乱雲がやってきてます

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ